6月議会閉会、発言の議事録削除のおかしな件

昨日、6月議会が閉会しました。
議会最終日は、議案・請願に対する討論・採決が行われ、全議案が可決成立しました。

その請願に対する上橋議員の討論の中で不適切な発言があったと、日暮議員から議事進行に関する申し入れがあり、議会は中断しました。
その後、当事者による議事録訂正の協議がなされましたが、結局、議事録の訂正はなされませんでした。

議会における議員の発言は自由なものでなくてはなりません。
上橋議員の発言は、議事録から削除されるような内容ではありませんでした。

布施南地区データセンター開発問題で土地所有者となっている会社に対して「ペーパーカンパニー」ではないかという疑問は多くの市民が抱いていることです。